コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条政房 いちじょう まさふさ

1件 の用語解説(一条政房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条政房 いちじょう-まさふさ

?-1469 室町時代の公卿(くぎょう)。
一条教房(のりふさ)の長男。寛正(かんしょう)3年従三位,文正(ぶんしょう)元年権(ごんの)大納言となる。従二位。応仁(おうにん)の乱をさけて摂津福原荘(神戸市)に滞在中,大内(山名方)・赤松(細川方)両軍に乱入され,文明元年10月17日横死した。一条家は叔父の冬良が相続。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一条政房の関連キーワード能阿弥快元ベレンの塔文明堀部邸応仁興正寺豪徳寺シク教日枝神社

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone