コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳友善 ひとつやなぎ・ともよし

朝日日本歴史人物事典の解説

一柳友善

没年:安永7(1778)
生年:享保1(1716)
江戸後期の装剣金工家。本姓は平野氏,初名を良(両)助,のちに伊左衛門を名乗る。屋号は長崎屋。篠崎保平の門下で学び(一説に軍地功阿弥の門下ともいう),常陸国(茨城県)水戸下町曲沢手町に住した。作品には一柳を切彫りすることが多い。作品には「竜透鐔」(東京国立博物館蔵)をはじめ鉄地で地透かしの力強いものが多く,水戸彫りとして名をなした一柳派の初代として著名である。多くの門弟を輩出し,直系も大正11(1922)年に没した6代友善まで続いたが,なかでも3代,4代の友善の技量がすぐれていた。<参考文献>『東京国立博物館図版目録/鐔篇』

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

一柳友善の関連キーワード平野友善(初代)一柳友善(2代)江川利政(初代)矢田部通寿平野友道

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android