コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一然 いちねん Ilyǒn

1件 の用語解説(一然の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一然
いちねん
Ilyǒn

[生]煕宗2(1206)
[没]忠烈王15(1289)
朝鮮,高麗の僧。『三国遺事』の著者。姓,金。名,見明。号,無極,睦庵。一然は字。高宗 14 (1227) 年僧科に及第,同 24年三重大師,同 46年大禅師にいたった。忠烈王2 (76) 年王命により雲門寺の住持となり,同7年王に法説を講論,2年後国尊に推戴され円径 (鏡) 冲照の号を贈られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一然の言及

【三国遺事】より

…新羅史を中心とした古代朝鮮の私撰の歴史書。高麗の高僧一然(1206‐89)が,1280年代に編纂し,弟子の無極が補筆。5巻9編からなり,第1巻は王暦・紀異,第2巻は紀異,第3巻は興法・塔像,第4巻は義解,第5巻は神呪・感通・避隠・孝善の諸編。…

※「一然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一然の関連キーワード威烈王階乗忠烈王忠烈没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.《忠烈俠義伝》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone