コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一然 いちねんIlyǒn

1件 の用語解説(一然の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一然
いちねん
Ilyǒn

[生]煕宗2(1206)
[没]忠烈王15(1289)
朝鮮,高麗の僧。『三国遺事』の著者。姓,金。名,見明。号,無極,睦庵。一然は字。高宗 14 (1227) 年僧科に及第,同 24年三重大師,同 46年大禅師にいたった。忠烈王2 (76) 年王命により雲門寺の住持となり,同7年王に法説を講論,2年後国尊に推戴され円径 (鏡) 冲照の号を贈られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の一然の言及

【三国遺事】より

…新羅史を中心とした古代朝鮮の私撰の歴史書。高麗の高僧一然(1206‐89)が,1280年代に編纂し,弟子の無極が補筆。5巻9編からなり,第1巻は王暦・紀異,第2巻は紀異,第3巻は興法・塔像,第4巻は義解,第5巻は神呪・感通・避隠・孝善の諸編。…

※「一然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

一然の関連キーワード九条良経重源成吉思汗建永モンゴル帝国沖縄島建永元久高山寺三国遺事

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone