コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一献 イッコン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐こん【一献】

1杯の酒。また、酒を酌んで飲むこと。「一献傾ける」
酒の振る舞い。酒盛り。
「或夜―の有りけるに」〈太平記・五〉
一度目の酒肴(しゅこう)。
「―にうちあはび、二献にえび、三献にかいもちひにてやみぬ」〈徒然・二一六〉
室町時代以後の酒宴の礼法で、吸い物や肴(さかな)の膳(ぜん)に杯・銚子(ちょうし)を添えて客に出し、酒を3杯すすめること。→献(こん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

一献(いっこん)

山形県、株式会社中沖酒造店の製造する日本酒。大吟醸酒、純米大吟醸酒の「一醸心(じょうしん)」などがある。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いっこん【一献】

さかずき一杯の酒。また、酒をふるまうこと。 「 -かたむける」 「 -さしあげたい」
酒のふるまい。小さな酒宴。 「或夜-の有りけるに/太平記 5
室町時代以後の酒宴の礼法で、吸い物・肴さかなの膳ぜんを添えて出し、まず酒三杯をすすめること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一献の言及

【酒】より

…宮廷での神事や節供には酒宴が催され,大きな盃(さかずき)に満たされた酒が一座の全員にまわされた。一巡するとこれが一献(いつこん)であり,三献が普通であった。料理の品目を献立というのも,この酒宴からきている。…

※「一献」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一献の関連キーワード新嘗祭(にいなめのまつり)有力な方言喜久玉の井三三九度天野勝弘羽陽一献金襴藤娘あさ喜久ふるまい本膳料理寒北斗引出物かき餅松の友傾ける玉出泉進ぜる一献料打ち鮑吸い物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一献の関連情報