一籌(読み)イッチュウ

  • いっちゅう ‥チウ
  • いっちゅう〔チウ〕
  • 一×籌

デジタル大辞泉の解説

《「籌」は勝負を争うときの得点を数える道具》一つの数取り。
一つのはかりごと。
「此(これ)を―の末に制する事能(あた)わざれば」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「籌」は古代中国で勝負を争うときの得点を数える道具)
① 一つの計画、はかりごと。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一五「彼、此(これ)を一籌(イッチウ)の末に制する事能(あた)はざれば」 〔宋史‐儒林伝四・蔡幼学〕
② (転じて) 技能などが、他の人よりすぐれていること。
※翠竹真如集(1500頃)二「前南禅伯師和尚、室中一籌也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android