コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鶴 シラツル

4件 の用語解説(白鶴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐つる【白鶴】

羽が白いツル。特に、ソデグロヅルのこと。しらたず。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はくつる【白鶴】

兵庫の日本酒。酒名は、延享4年(1747)北蔵を増築し、酒造を本格的に始めたのを機に命名されたもの。パック酒「まる」は廉価な定番酒で純米酒と普通酒がある。ほかに大吟醸酒、純米酒、本醸造酒など多彩な商品をそろえる。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、中生新千本、白鶴錦など。仕込み水は六甲山系の伏流水。蔵元の「白鶴酒造」は菊正宗の嘉納家から分家し寛保3年(1743)創業。最大手の日本酒メーカー所在地は神戸市東灘区住吉南町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

白鶴

兵庫県、白鶴酒造が製造・販売する清酒のブランド名。普通酒のほか、純米酒、吟醸酒、生貯蔵酒などさまざまなタイプを販売している。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白鶴の関連情報