コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般心理学 いっぱんしんりがく general psychology

2件 の用語解説(一般心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般心理学
いっぱんしんりがく
general psychology

心の働き一般にかかわる一般原理や法則を研究する心理学。各個人の特徴を扱う個人心理学や個人間の違いを扱う差異心理学などと対比される。通常,感覚,知覚,認知,記憶,学習,思考,動機づけ,情動などの心の働きの研究が含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐しんりがく【一般心理学】

個体による差を考えず、人間一般に通じる精神現象を研究対象とする心理学。
正常な精神現象・精神機能を研究対象とする心理学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般心理学の関連キーワード法の一般原則機感ケーススタディー沽券に関わる死活にかかわる物理的群肝の地質学の基本原理ブロッホの法則(生理学)文明国が認めた法の一般原則

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一般心理学の関連情報