コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般心理学 いっぱんしんりがくgeneral psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般心理学
いっぱんしんりがく
general psychology

心の働き一般にかかわる一般原理や法則を研究する心理学。各個人の特徴を扱う個人心理学や個人間の違いを扱う差異心理学などと対比される。通常,感覚,知覚認知,記憶,学習,思考,動機づけ情動などの心の働きの研究が含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐しんりがく【一般心理学】

個体による差を考えず、人間一般に通じる精神現象を研究対象とする心理学。
正常な精神現象・精神機能を研究対象とする心理学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

一般心理学の関連キーワードワトソン(John Broadus Watson)ポール・ゲルハルド ナトルプ比較心理学原口 鶴子教育心理学シュテルン異常心理学体育心理学自我心理学元良勇次郎シモンドンナトルプ個体衝動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android