一般心理学(読み)いっぱんしんりがく(英語表記)general psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般心理学
いっぱんしんりがく
general psychology

心の働き一般にかかわる一般原理や法則を研究する心理学。各個人の特徴を扱う個人心理学や個人間の違いを扱う差異心理学などと対比される。通常,感覚,知覚認知,記憶,学習,思考,動機づけ情動などの心の働きの研究が含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐しんりがく【一般心理学】

個体による差を考えず、人間一般に通じる精神現象を研究対象とする心理学。
正常な精神現象・精神機能を研究対象とする心理学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android