コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個人心理学 こじんしんりがくindividual psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個人心理学
こじんしんりがく
individual psychology

個体心理学ともいう。一般的には,個体差を体系的に研究する心理学のこと。この意味では,差異心理学にほぼ同じ。ただし後者は個体差,性差,民族差など種々の形の差異を広く取上げる。また社会,集団を扱う社会心理学集団心理学に対比させて,個人を対象とする心理学をいう。さらにより特殊には,A.アドラーにより唱えられた心理学をいう。彼は個人の独自的な全体性を強調し,優越への欲求を人間を動かす最大の動機とみなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こじん‐しんりがく【個人心理学】

集団心理学・社会心理学に対して、個人を研究対象とした心理学。
アドラーの心理学。性欲を重視するフロイトに対して、劣等感や優越への意志を重要視したもので、社会心理学的傾向をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじんしんりがく【個人心理学】

アードラーの心理学の体系。 S =フロイトのリビドーを批判して、劣等感情とその克服のエネルギーを重視した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の個人心理学の言及

【アードラー】より

…そのため数回にわたる深刻な討論の後,11年ついにフロイトと決別して,新たに自由精神分析協会を設立するに至った。12年《神経質性格について》を発表してその中で自分の学説を〈個人心理学Individualpsychologie〉と名づけ,14年には《国際個人心理学雑誌》を創刊した。その後,児童相談所の開設,各国での講演など活発な活動を続けたが,29年コロンビア大学客員教授となり,以後アメリカに定住して,ホーナイらに深い影響を与えた。…

※「個人心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

個人心理学の関連キーワードアドラー(Alfred Adler)フロイド・ヘンリー オールポートL.ウイリアム ドゥーブアルフレッド アドラーオールポート(兄弟)レビ・ブリュール補償(心理学)新フロイト派アードラーニューカム災害心理学フランクル深層心理学一般心理学個体心理学集合心理学リビドードゥーブ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android