コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般電気事業者(読み)いっぱんでんきじぎょうしゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

一般電気事業者

東京電力、関西電力など、地域内の発電所および工場、家庭に広がるインフラ網を抱え、電力の小売業を主な業務としている会社のこと。従来、一般電気事業者のみが決められた地域の中で電力小売をできるという特権をもっていた。しかし、電力自由化の動きのなかで、一般電気事業者の特権は失われ、そのかわりに、一般電気事業者はそれまでできなかった電力小売業以外の事業にも携われることになった。東京電力の「TEPCO光」などの通信事業もその一環である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐でんきじぎょうしゃ〔‐デンキジゲフシヤ〕【一般電気事業者】

一般の需要に応じて電気を供給する事業者。北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の10社がある。これ以外の事業者は、不特定多数の需要者に対して電気を供給することはできない。→卸電気事業者卸供給事業者特定規模電気事業者特定電気事業者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android