コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸電力 ほくりくでんりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸電力
ほくりくでんりょく

電力会社。 1951年電気事業再編成令により北陸配電と日本発送電共同出資で設立。 53年黒部水力を合併。電力供給区域は富山,石川県と福井,岐阜県の一部。発足当時は独立採算制のもと発送配電の一貫運営による公共利益の増進にあった。 56年着工の常願寺有峰発電所計画は大容量貯水池式発電所となって完成,また 64年には火力発電所が稼働し,火水併用体制を整えた。九電力中料金は最も安い。年間販売電力量 244億 8700万 kWh。発電設備は認可最大出力 550万 8000kW。事業内容は,電力 55%,電灯 29%,その他 16%。年間営業収入 4813億 4200万円 (連結) ,資本金 1176億 4100万円,従業員数 5778名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

北陸電力

正式社名「北陸電力株式会社」。通称「陸電りくでん」。英文社名「Hokuriku Electric Power Company」。電気・ガス業。昭和26年(1951)設立。本社は富山市牛島町。電力会社。供給区域は富山・石川県と福井県敦賀市以北、岐阜県の一部。東京証券取引所第1部上場。証券コード9505。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

北陸電力の関連キーワード志賀原発2号機訴訟石川県羽咋郡志賀町富山ライトレール志賀原子力発電所原子力規制委員会北陸電力(株)富山県富山市塩沖縄電力(株)東海村臨界事故一般電気事業者志賀原発2号機北陸発電工事珠洲原発計画原発の核分裂宇奈月[町]金岡又左衛門北陸電気工事能登半島地震えるふぷらざみなし節電

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北陸電力の関連情報