コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定規模電気事業者 とくていきぼでんきじぎょうしゃpartial power supplier

知恵蔵の解説

特定規模電気事業者

1999年5月成立の改正電気事業法で新たに規定され、2004年から500kW以上(05年から50kW以上)の高圧需要家を市場とする、一般電気事業者以外の電力供給事業者。04年5月までに12社が市場に参入した。一方、発電市場では、独立発電事業者(IPP:independent power producer)が、先進国のみならず発展途上国でも重要な役割を担いつつある。米国では、1992年の国家エネルギー政策法(EPAct)や96年のFERC(連邦エネルギー規制委員会)による送電網へのオープンアクセス命令で、卸電力市場は完全に自由化。高い経済成長率をたどり、慢性的な電力不足に悩むアジア各国では、公的資金が不十分なため外資によるIPPを積極的に活用。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定規模電気事業者

2000年の電力小売り一部自由化を受けて、商社やガス会社などが設立した電気の小売事業者。全国に約50社あり、大手電力会社の送電網を使って契約先に供給する。販売先は当初、工場など大規模な事業者に限られていたが、05年に契約電力が「50キロワット以上」に引き下げられ、小中学校やスーパーなどにも広がった。PPSは、PowerProducerandSupplierの略。

(2012-04-23 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくていきぼ‐でんきじぎょうしゃ〔‐デンキジゲフシヤ〕【特定規模電気事業者】

契約電力が50キロワット以上の需要者に対して、一般電気事業者が所有する電線路によって電気を供給する事業者。PPS(power producer and supplier)。新電力
[補説]平成12年(2000)施行の改正電気事業法によって電気の小売が自由化され、一般企業が電力事業に参入できるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特定規模電気事業者
とくていきぼでんきじぎょうしゃ

大手電力会社(一般電気事業者)とは別に、大口電力需要家(原則50キロワット以上)向けに、大手電力会社の電線網を使って電気を小売りする電気事業者。PPS(power producer and supplier)ともいう。東京電力や関西電力など全国に10社ある大手電力会社が独占していた電力小売市場の自由化を目ざして2000年(平成12)に施行された改正電気事業法で初めて規定され、電気小売事業への新規参入が可能となった。2012年10月時点で、全国に商社、ガス会社、石油会社、鉄鋼会社などが運営する66社(届出累積件数)がある。一般にPPSの電気料金は大手電力会社よりも安いうえ、原子力発電以外の風力、太陽光、小型水力などの再生可能エネルギーに電源を依存している事業者が多いという特徴をもつ。
 2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故後、東京電力が電力値上げを発表したことから、電気の購入先を大手電力会社からPPSに切り替える動きが広がっている。ただしPPSのうち自前の発電設備をもつのは10社程度で、電力供給力に限界があるのが実態である。このためPPSが容易に再生可能エネルギーを調達できるよう、入札の規制緩和など現行制度を改めるべきだとの声がエネルギー問題の専門家などから出ている。
 なお電気事業法では「特定規模電気事業者」と規定しているが、PPSという名称はわかりにくいとして経済産業省は通称を「新電力」に名称変更している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

特定規模電気事業者の関連キーワード固定価格買取り制度電力系統利用協議会日本卸電力取引所小売電気事業者卸電力取引市場託送料金自営線