一見状(読み)いっけんじょう

精選版 日本国語大辞典「一見状」の解説

いっけん‐じょう ‥ジャウ【一見状】

〘名〙 古文書の一形式。軍忠状着到状において、大将・軍奉行・奉行人などがその内容を承認した証判として、文書の奥または(そで)に「一見了」「承了」等その旨を記し、花押を加えたもの。後日の証拠文書となる。
※熊谷家文書‐建武四年(1337)八月日・野本朝行子息鶴寿丸軍忠状「随而佐竹刑部大輔一見状分明也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android