着到状(読み)ちゃくとうじょう

精選版 日本国語大辞典「着到状」の解説

ちゃくとう‐じょう チャクタウジャウ【着到状】

〘名〙 中世、幕府などから不時の出陣命令を受けた地頭御家人などがそれに応じたり、あるいは不測の変事をきいて自発的に出陣したりした時に、いち早く馳せ参じたことを記して提出する文書。これを受け取った大将、または奉行は、「一見候了」「承了」などの承認の文言と花押を加えて返し、後日の恩賞の証拠とした。着到。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「着到状」の解説

着到状
ちゃくとうじょう

中世,主君などの呼び出しに応じて,参着したときに差し出す文書
多くは中世武家のもので,戦闘警固などのために参集の命をうけた者が,所定の場所にはせ参じたとき提出した。受けとった者は,それに証判を加えて本人に返し後日恩賞の証拠とした。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「着到状」の解説

着到状
ちゃくとうじょう

鎌倉,室町時代地頭御家人などの武士が,不時の変事に際し,軍勢催促を受け,あるいは自発的にはせ参じたことを記して提出する文書。軍事統率者の証判をもらい,恩賞の際の証拠書類とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android