コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着到状 ちゃくとうじょう

4件 の用語解説(着到状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着到状
ちゃくとうじょう

鎌倉,室町時代地頭御家人などの武士が,不時の変事に際し,軍勢催促を受け,あるいは自発的にはせ参じたことを記して提出する文書。軍事統率者の証判をもらい,恩賞の際の証拠書類とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゃくとう‐じょう〔チヤクタウジヤウ〕【着到状】

中世、出陣命令を受けた諸将が、はせ参じた旨を記した文書。これを受け取った大将または奉行は、承認の文言と花押とを加えて返し、後日の恩賞の証拠とした。着到。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

着到状【ちゃくとうじょう】

武士が非常時に自発的に出頭したり,参集の命を受けて馳(は)せ参じた際,そのことを上申するために出す文書。軍忠状と同じく忠勤の証拠とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゃくとうじょう【着到状】

中世、出陣した諸将が戦場に到達した旨を上申する書状。後日恩賞請求の証拠とした。着到。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

着到状の関連キーワード大番役御家人一分地頭御家人株御家人役武家役沢村宗綱長井静瑜深堀能仲源仲頼(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone