一通(読み)イッツウ

  • ひととおり ‥とほり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 全体がまとまって、一続きとなっているもの。
② 文書、手紙などの一つ。
※平家(13C前)一一「泣く泣く一通の状をかいて、広基のもとへつかはす」 〔後漢書‐賈逵伝〕
〘名〙
① 一度通ること。さっと通り過ぎること。
※竹むきが記(1349)下「雨にわかに降りいでて〈略〉されど一とをりにてやみぬれば」
② 最初から最後までざっと行なうこと。一回順を追うこと。また、その内容。ひとわたり。いちおう。
※申楽談儀(1430)能書く様、その一「石河の女郎の能は、十番を一とをりして、中年寄りて、元雅すべき能也」
③ (形動) ごく普通であるさま。あたりまえ。世間なみ。尋常。
※詞葉新雅(1792)「ヒトトヲリノ人 おほよそ人」
④ 一本の道。また、その道一帯。
※満済准后日記‐応永二二年(1415)六月二四日「自神泉龍昇。辻風に小屋破損云々。但土御門一通也」
⑤ 一筋。一本。
※重右衛門の最後(1902)〈田山花袋〉六「白けた一通(ヒトトホ)りの烟が蜃気楼のやうに」
⑥ 物の一組・一種類。
※虎明本狂言・磁石(室町末‐近世初)「すき道具〈略〉火ばしはひぼうろくいつれも一とをりかざったよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一通の関連情報