コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一陽亭長持 いちようてい ながもち

1件 の用語解説(一陽亭長持の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一陽亭長持 いちようてい-ながもち

1762-1819 江戸時代中期-後期の狂歌師。
宝暦12年生まれ。石田九野(きゅうや)の父。上野(こうずけ)(群馬県)桐生で織物の卸問屋「鳥屋」をいとなむ。狂歌をよくし,文化10年壺側の判者となった。文政2年3月5日死去。58歳。通称は石田茂兵衛。別号に桐長持。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一陽亭長持の関連キーワード羅城穴沢たみ子狩野探牧三鍼清水曲河高尾氏規樗雲中村友三(初代)花安松江子堀田正穀

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone