コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七会[村] ななかい

世界大百科事典 第2版の解説

ななかい【七会[村]】

茨城県中部,西茨城郡の村。人口2621(1995)。八溝山地南部の山間に位置し,那珂川支流の塩子川,藤井川が東流,流域に耕地,集落が発達する。村域の大部分を山林が占める。木材やシイタケを産し,製茶工場もある。1960年代以降,人口流出が続いている。天正年間(1573‐92)スズ鉱が発見され,江戸時代は水戸藩の錫奉行がおかれたりしたが,享保(1716‐36)ころ衰退した。明治以来タングステンを採掘していた高取鉱山も1963年に閉山となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七会[村]の関連キーワード岡崎[市]摺り衣すさみ町立歴史民俗資料館水俣市立水俣病資料館ロサンゼルスアラゴアス住友金属工業(株)忠清北道弥陀ヶ原渡良瀬川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android