コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七会 ななかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七会
ななかい

茨城県中西部、西茨城郡にあった旧村名(七会村(むら))。現在は東茨城郡城里(しろさと)町の西部を占める地域。旧七会村は1889年(明治22)村制施行。2005年(平成17)東茨城郡常北(じょうほく)町、桂(かつら)村と合併、城里町となった。旧村名は旧7か村の合併による。旧村域は八溝(やみぞ)山地に属する山村をなす。主要地方道笠間(かさま)―緒川(おがわ)線が通じる。農業がおもで、茶とシイタケ栽培は特産、肉牛飼育も盛ん。タングステンを産する高取(たかとり)鉱山(休山中)がある。仏国(ぶっこく)寺の鋳造十一面観音菩薩(ぼさつ)像、銅鐘、徳蔵(とくぞう)寺の木造弘法(こうぼう)大師像、両界曼荼羅(まんだら)版木、礼盤は県指定文化財。野外活動施設「山びこの郷(さと)」がある。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七会の関連キーワード茨城県東茨城郡城里町千代田(茨城県)鉄マンガン重石桂(茨城県)常北[町]城里(町)城里[町]千代田瞿秋白蘇兆徴錫石妙沢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android