コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七十五日 シチジュウゴニチ

デジタル大辞泉の解説

しちじゅうご‐にち〔シチジフゴ‐〕【七十五日】

俗に、うわさが消えないという日数。「人のうわさも七十五日
俗に、初物を食べると長生きするという日数。
「茄子の初生(はつなり)を目籠に入れて売り来たるを―の齢(よわひ)これ楽しみの」〈浮・永代蔵・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しちじゅうごにち【七十五日】

初物はつものを食べると長生きするという日数。 「なすびの初なりを、目籠に入れて売り来たるを、-の齢よわい、これ楽しみの/浮世草子・永代蔵 2
しばらくの間。そう長くない期間のたとえとしていう。 「人のうわさも-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七十五日の関連キーワード浮世草子カタログうわさすし屋初物目籠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七十五日の関連情報