七十(読み)シチジュウ

デジタル大辞泉の解説

しち‐じゅう〔‐ジフ〕【七十】

10の7倍の数。ななじゅう。
70歳。古希。ななそじ。

なな‐そ【七十】

しちじゅう。
「良き馬―匹(ぎ)」〈欽明紀〉

ななそ‐じ〔‐ぢ〕【七十/七十路】

70歳。70年。→十路
「老人は、まだ、其の上を四つ五つで、やがて―なるべし」〈鏡花歌行灯
しちじゅう。ななそ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐じゅう ‥ジフ【七十】

〘名〙
① 一〇の七倍の数。ななじゅう。ななそじ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 年齢の七〇歳をいう。古希。
※雑言奉和(10C初か)七言、秋日陪左丞相城南水石亭祝蔵外史大夫七旬之秋応教一首〈三善清行〉「鳴桐半燼遇知音、七十還悲雪鬂侵」

なな‐そ【七十】

〘名〙 七の一〇倍の数。七〇。しちじゅう。
※書紀(720)景行四年二月(北野本訓)「七十余子(ナナソあまりのみこ)は皆(みな)国郡(くにさと)に封(ことよ)させて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七十の関連情報