七十(読み)シチジュウ

  • しちじゅう ‥ジフ
  • しちじゅう〔ジフ〕
  • ななそ
  • ななそじ〔ぢ〕
  • 七▽十
  • 七▽十/七▽十路

デジタル大辞泉の解説

10の7倍の数。ななじゅう。
70歳。古希。ななそじ。
しちじゅう。
「良き馬―匹(ぎ)」〈欽明紀〉
70歳。70年。→十路
「老人は、まだ、其の上を四つ五つで、やがて―なるべし」〈鏡花歌行灯
しちじゅう。ななそ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一〇の七倍の数。ななじゅう。ななそじ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 年齢の七〇歳をいう。古希。
※雑言奉和(10C初か)七言、秋日陪左丞相城南水石亭祝蔵外史大夫七旬之秋応教一首〈三善清行〉「鳴桐半燼遇知音、七十還悲雪鬂侵」
〘名〙 七の一〇倍の数。七〇。しちじゅう。
※書紀(720)景行四年二月(北野本訓)「七十余子(ナナソあまりのみこ)は皆(みな)国郡(くにさと)に封(ことよ)させて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七十の関連情報