コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七月二十日事件 しちがつはつかじけんAttentat auf Hitler

1件 の用語解説(七月二十日事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七月二十日事件
しちがつはつかじけん
Attentat auf Hitler

1944年7月 20日の A.ヒトラー暗殺未遂事件。第2次世界大戦の末期,ドイツ国防軍の高級将校,元外交官,政治家のグループがドイツの政策転換を試みようとして企てた。東プロシアの総統大本営で同志の1人 C.シュタウフェンベルク大佐が革かばんに隠した爆弾を会議用テーブルの下に仕掛けたが,ヒトラーは負傷しただけで死を免れ計画は失敗に終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

七月二十日事件の関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞神崎武雄サンホセ信州大学富山大学弘前大学ペリリュー[島]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone