七生(読み)シチショウ

  • しちしょう ‥シャウ
  • しちしょう〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

この世に度生まれ変わること。永遠。しちせい。「七生報国」
「とうとう実家を―まで勘当されてしまったが」〈荷風・すみだ川〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しょう」は「生」の呉音)
① 仏語。人界および天界に七度生まれ変わること。預流果(よるか)の聖者は七生を限って、以後の生はないとする。転じて、未来永遠。七代。
※百座法談(1110)三月五日「我かさいのあさくして此人の七生の先の事をしらさりける事をはちて」
※太平記(14C後)三三「日本一の不道人共に、忻(たばか)られつる事よ。七生まで汝等が為に、恨を可報者を」 〔倶舎論‐二四〕
※黄表紙・孔子縞于時藍染(1789)上「どふぞ御勘当なされてくだされませ。七生がならずは、二升五合でもようござります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七生の関連情報