コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七種を囃す ななくさをはやす

大辞林 第三版の解説

ななくさをはやす【七種を囃す】

七種の節句の前夜、または当日の朝、春の七草を俎まないたに載せ、「唐土とうどの鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、七草薺なずな」などと唱えながら打ち囃すことをいう。当日の朝、この菜を入れて粥を炊き七種の粥として食べる。七草を打つ。薺打つ。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

七種を囃すの関連キーワード七種・七草うど唐土

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android