七里(読み)シチリ

大辞林 第三版の解説

しちり【七里】

一里の七倍の長さ。
「七里飛脚びきやく」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐り【七里】

[1] 〘名〙
① 一里の七倍。また、長い道のり、広い地域を表わす。〔延喜式(927)〕
※御伽草子・梵天国(室町末)「いぬいのかたへほそ道あり。七里(リ)ばかり行て、大木一本あるべし」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)種の浜「空霽たれば、ますほの小貝ひろはんと、種の浜に舟を走す。海上七里あり」
雑俳・柳多留‐三三(1806)「丈のない国に七里と九十九里」
※鸚鵡籠中記‐貞享三年(1686)七月初「所之者出て棒すくめにしけるが、尾州の七里の者と知れ、皆退散す」
[2]
※雑俳・柳多留‐一〇二(1828)「七里では牛八里では馬で越し」
[二] 七里の渡しのあたりの海をいう。
※俳諧・独吟一日千句(1675)第四「千石や尾張の秋におしからん 七里のあひだかくる舩はし」

なな‐さと【七里】

〘名〙
① 多くの村里。
※古事記(712)下(兼永本訓)「其の音(こゑ)七里(ナナサト)に響みき」
② 子どものわんぱくざかりをいう。いたずらざかりの子ども。
※雑俳・軽口頓作(1709)「ついてきて・はや七里がいっそいそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七里の関連情報