コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里飛脚 シチリビキャク

大辞林 第三版の解説

しちりびきゃく【七里飛脚】

七里継ぎ宿に待機し、急な使いを果たした中間ちゆうげん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の七里飛脚の言及

【飛脚】より

…【新城 常三】
[近世]
 近世の飛脚については,まず幕府が宿駅制度の下で実施した公用の継飛脚があり,各宿に人足が置かれ,川留解除には最初に渡河した。各藩には江戸と大坂と各城下町を結ぶ飛脚があり,尾州,紀州,姫路,雲州などの七里飛脚が有名である。雲州の場合,士,士格,卒,軽輩と分けたうちで,御七里は百人者として最下級の軽輩に属した。…

※「七里飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

七里飛脚の関連キーワード江戸時代七里継宿大名飛脚七里

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android