コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国新聞紙 ばんこくしんぶんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万国新聞紙
ばんこくしんぶんし

イギリスの牧師 B.ベーリーが慶応3 (1867) 年1月に創刊した日本語新聞。大槻文彦星亨らが記者として参加し,イギリスを中心とした海外ニュースのほか,国内ニュースを報道した最初の新聞として有名。明治1 (68) 年の太政官布告で多くの新聞が姿を消したのちも,治外法権に基づいて発行を続けた。同2年4月発行の第 17集までが残存している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

万国新聞紙【ばんこくしんぶんし】

幕末・明治初年の不定期邦字新聞。1867年英国人牧師ベーリーBaileyが横浜で創刊。海外ニュース,学術紹介のほか初めて国内ニュースを報道。記者は,大槻文彦星亨ら。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android