コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年艸 まんねんぐさ

世界大百科事典 第2版の解説

まんねんぐさ【万年艸】

文芸雑誌。1902年10月~04年3月。全12冊。《芸文》の後身。森鷗外が中心であるが,鷗外・上田敏の芸術サークルを背景とする。呼び物であった合評(近松《心中万年草》など)のほか,評論,詩歌,考証,翻訳に優れたものがある。鷗外,敏,井上通泰佐佐木信綱野口寧斎(謫天情仙(たくてんじようせん)),与謝野晶子小金井喜美子小山内薫,小山内八千代らがおもな執筆者である。鷗外の日露戦争従軍によって終刊となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

万年艸の関連キーワード森鴎外(年譜)森鴎外

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android