コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年艸 まんねんぐさ

1件 の用語解説(万年艸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まんねんぐさ【万年艸】

文芸雑誌。1902年10月~04年3月。全12冊。《芸文》の後身。森鷗外が中心であるが,鷗外・上田敏の芸術サークルを背景とする。呼び物であった合評(近松《心中万年草》など)のほか,評論,詩歌,考証,翻訳に優れたものがある。鷗外,敏,井上通泰佐佐木信綱野口寧斎(謫天情仙(たくてんじようせん)),与謝野晶子小金井喜美子小山内薫小山内八千代らがおもな執筆者である。鷗外の日露戦争従軍によって終刊となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万年艸の関連キーワードしがらみ草紙新潮日本浪曼派文学界文芸文芸倶楽部文芸戦線文章世界めさまし草芸文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone