コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年艸 まんねんぐさ

1件 の用語解説(万年艸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まんねんぐさ【万年艸】

文芸雑誌。1902年10月~04年3月。全12冊。《芸文》の後身。森鷗外が中心であるが,鷗外・上田敏の芸術サークルを背景とする。呼び物であった合評(近松《心中万年草》など)のほか,評論,詩歌,考証,翻訳に優れたものがある。鷗外,敏,井上通泰佐佐木信綱野口寧斎(謫天情仙(たくてんじようせん)),与謝野晶子小金井喜美子小山内薫小山内八千代らがおもな執筆者である。鷗外の日露戦争従軍によって終刊となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

万年艸の関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone