コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丈部 はせつかべ

世界大百科事典 第2版の解説

はせつかべ【丈部】

古代の部の一つ。丈部氏は出雲,美濃,尾張,遠江,駿河,相模,武蔵,下総,上総,常陸,上野,下野,越中,越前,佐渡,越後,陸奥などに分布しており,出雲をのぞいて東国に多く集中している。姓(かばね)は臣,連,造,直,史などがあるが,このうち丈部臣は出雲と京にしかみえない。連,直の姓をもつものは,東国の地方豪族であったらしく,下野国河内郡上神主廃寺の瓦を寄進している知識(連姓)や下総国印幡郡大領(直姓),武蔵国足立郡出身の同国国造(直姓)などがみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丈部の関連キーワードじょうべのま遺跡丈部路祖父麻呂丈部路安頭麻呂丈部路乙麻呂武蔵不破麻呂富山[市]入善[町]滑川[市]木戸瓦窯跡円覚(1)大伴三中雨月物語武蔵武芝東大寺阿倍氏加地子返り忠丈部荘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丈部の関連情報