コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上誠 みかみまこと

百科事典マイペディアの解説

三上誠【みかみまこと】

日本画家。大阪市生れ。福井で育つ。京都市立絵画専門学校卒。1948年日本画の前衛グループ〈パンリアル〉を結成(翌年パンリアル美術協会に改称)。段ボール木片コラージュによる造形も試み,日本画の可能性を実験した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上誠 みかみ-まこと

1919-1972 昭和時代後期の日本画家。
大正8年8月8日生まれ。日本画の革新をめざし,昭和23年星野真吾らとパンリアル美術協会を結成。33年から福井大の講師。肺結核とたたかいながら,独自の宇宙観を図式化した。昭和47年1月16日死去。52歳。大阪出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。旧姓は嶋田。作品に「F市曼荼羅(まんだら)」「灸点万華鏡」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三上誠の関連キーワード星野 真吾下村良之介