コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三品容斎 みしな ようさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三品容斎 みしな-ようさい

1769-1847 江戸時代後期の儒者。
明和6年生まれ。近藤篤山(とくざん)の弟。尾藤二洲(じしゅう)にまなぶ。伊予(いよ)(愛媛県)西条藩士三品家の養子となり,藩校択善堂教授,侍読をつとめるなど,藩の教育に50年間つくした。西条藩文教の中興の祖とされる。弘化(こうか)4年8月20日死去。79歳。伊予出身。名は崇。字(あざな)は隆甫。通称は宅平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三品容斎の関連キーワードヘルダーベリンスキーリベリアナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世大池源治高林方朗尾上菊五郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android