コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三多一少(読み)さんたいっしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三多一少
さんたいっしょう

1980年代から行なわれている中国経済改革を推進するための原則の一つ。三多とは,多種の所有形態,多種の経営方式,多種の流通経路のことであり,一少とは,流通の段階を少なくすることを意味する。中国の商業卸売システムは,商品を幾重にもそれぞれの地方へ振り向ける方式を採っていたが,三多一少原則により改革された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android