コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅国秀 みやけ くにひで

2件 の用語解説(三宅国秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅国秀 みやけ-くにひで

戦国時代の豪族。
備中(びっちゅう)(岡山県)連島の領主。水軍による琉球遠征をくわだて,永正(えいしょう)13年(1516)薩摩(さつま)(鹿児島県)坊津で島津忠隆に討滅されたという。この一件は天文(てんぶん)2年(1533)島津氏から琉球王国へおくられた書状にのべられているが,琉球貿易の独占をねらって島津氏がつくった虚構の事件とみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅国秀

生年:生没年不詳
備中国(岡山県)蓮島の領主で,永正13(1516)年,琉球遠征を企てたが,薩摩(鹿児島県)坊津で島津忠隆によって討伐された,と伝えられる。この事件は,島津氏が捏造した虚構の事件であった。その目的は,三宅国秀の琉球遠征を阻止したと主張することによって,琉球に恩を売り,島津氏の要求する貿易の独占を琉球王府に承認せしめることを画策したのである。事件そのものは天文2(1533)年9月16日付で島津貴久の老中が琉球王国の三司官に送った書状の中で述べられている。<参考文献>田中健夫「三宅国秀の琉球遠征計画をめぐって」(『続荘園制と武家社会』)

(真栄平房昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅国秀の関連キーワード岡山県加賀郡吉備中央町上田西岡山県加賀郡吉備中央町尾原岡山県加賀郡岡山県総社市上林岡山県加賀郡吉備中央町北岡山県加賀郡吉備中央町田土岡山県加賀郡吉備中央町豊野岡山県加賀郡吉備中央町西岡山県加賀郡吉備中央町宮地岡山県加賀郡吉備中央町和田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone