コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅国秀 みやけ くにひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅国秀 みやけ-くにひで

戦国時代の豪族。
備中(びっちゅう)(岡山県)連島の領主。水軍による琉球遠征をくわだて,永正(えいしょう)13年(1516)薩摩(さつま)(鹿児島県)坊津で島津忠隆に討滅されたという。この一件は天文(てんぶん)2年(1533)島津氏から琉球王国へおくられた書状にのべられているが,琉球貿易の独占をねらって島津氏がつくった虚構の事件とみられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅国秀

生年:生没年不詳
備中国(岡山県)蓮島の領主で,永正13(1516)年,琉球遠征を企てたが,薩摩(鹿児島県)坊津で島津忠隆によって討伐された,と伝えられる。この事件は,島津氏が捏造した虚構の事件であった。その目的は,三宅国秀の琉球遠征を阻止したと主張することによって,琉球に恩を売り,島津氏の要求する貿易の独占を琉球王府に承認せしめることを画策したのである。事件そのものは天文2(1533)年9月16日付で島津貴久の老中が琉球王国の三司官に送った書状の中で述べられている。<参考文献>田中健夫「三宅国秀の琉球遠征計画をめぐって」(『続荘園制と武家社会』)

(真栄平房昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android