コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅康貞 みやけ やすさだ

1件 の用語解説(三宅康貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅康貞 みやけ-やすさだ

1544-1615 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)13年生まれ。三河(愛知県)梅坪城主三宅政貞の長男。永禄(えいろく)元年(1558)父とともに徳川家康につかえる。家康の関東入封により武蔵(むさし)瓶尻(みかじり)(埼玉県)で5000石を領し,慶長9年(1604)1万石に加増されて三河挙母(ころも)藩主三宅家第1次初代となった。元和(げんな)元年10月23日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の三宅康貞の言及

【三宅氏】より

…江戸時代の譜代大名。1558年(永禄1)政貞・康貞父子はそろって徳川家康に見参し,旧領三河国梅坪を安堵されて徳川氏の家臣となる。康貞はたびたびの軍功によって90年(天正18)武州瓶尻(みかしり)に5000石の領地を与えられ,さらに1604年(慶長9)には三河国挙母(ころも)1万石を領した。19年(元和5)康信のときに,伊勢の亀山に移ったが,36年(寛永13)康盛のときに再び挙母に帰った。さらに康勝のとき64年(寛文4)に三河国田原藩万2000余石に転封となり,以後,代々田原藩主として幕末に至った。…

※「三宅康貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三宅康貞の関連キーワード信方永海家所伊右衛門加藤景次久慾正玄城松雪林永見房造(初代)山田玄瑞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone