コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅碩夫 みやけ せきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅碩夫 みやけ-せきお

1865-1922 明治-大正時代の弁護士。
元治(げんじ)2年4月5日生まれ。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)にまなび,明治22年東京で開業。30年日本弁護士協会の設立にくわわり,理事となる。大正6年東京弁護士協会副会長。シーメンス事件,米騒動などにかかわった。大正11年9月8日死去。58歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三宅碩夫の関連キーワード大正時代元治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android