コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅線 みやけせんMiyake's line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅線
みやけせん
Miyake's line

生物の分布境界線の一つ。九州の大隅半島屋久島種子島両島との間の大隅海峡に引かれた境界線。主としてチョウ類の分布の差から,1929年江崎悌三が昆虫学者三宅恒方にちなんで名づけた。しかし,多くの動物については,むしろ渡瀬線が重視される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みやけ‐せん【三宅線】

動物地理区の境界線の一。屋久島種子島と九州の間に東西に引かれる。多くの南方系チョウ類の分布の北限となっている。昭和4年(1929)、昆虫学者の江崎悌三が提唱し、三宅恒方にちなんで命名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone