コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大隅海峡(読み)おおすみかいきょう

百科事典マイペディアの解説

大隅海峡【おおすみかいきょう】

九州南部の大隅半島と大隅諸島の種子島(たねがしま),馬毛(まげ)島の間の海峡。最狭部約32km,水深100〜250m。黒潮が流れ魚族が豊富。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおすみかいきょう【大隅海峡】

鹿児島県本土の南端,佐多岬と種子島との間の海峡。幅約40km,水深100~250m。黒潮の分流が東流し魚種が豊富である。鹿児島港~西之表(種子島)を結ぶ定期航路のほか,阪神方面から鹿児島港に向かう船舶の航行が多い。付近の灯台は本土側の都井岬佐多岬だけだったが,1963年種子島の北端喜志鹿(きしか)崎にも灯台がつくられた。【服部 信彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕大隅海峡(おおすみかいきょう)


鹿児島県大隅半島南岸と大隅諸島との間の海峡。最狭部の幅約30km。黒潮の北への分流が南西から北東へ流れる。春季から夏季にかけて濃霧や豪雨のため視界不良となる。東シナ海と太平洋を結ぶ主要航路。鹿児島港から薩南(さつなん)諸島への定期航路がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大隅海峡
おおすみかいきょう

鹿児島県の大隅半島と大隅諸島との間の海峡で、最狭部九州最南端の佐多岬(さたみさき)と種子島(たねがしま)との間の幅は約40キロメートル。水深100~250メートル、東シナ海と太平洋を隔てる。これら2海洋を結ぶ航路として重要で、通過船舶が多い。日本海流(黒潮)の主流部は吐(とから)海峡を流れて太平洋に入るが、その分流は本海峡を北流し、海峡部の流速は1.3ノット(毎時約2.4キロメートル)と速い。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android