コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宮義胤 さんのみや よしたね

3件 の用語解説(三宮義胤の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宮義胤

勤王家、官史。近江国真野村の人。三宮内海の長男。外務省・宮内省少宮

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宮義胤 さんのみや-よしたね

1844*-1905 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
天保(てんぽう)14年12月24日生まれ。三上兵部の変名で,岩倉具視(ともみ)の王政復古運動をたすける。維新後は官吏となり,明治3年東伏見宮嘉彰親王イギリス留学に随行。10年からドイツ公使館に勤務,帰国後,宮内省式部長などをつとめた。明治38年8月14日死去。63歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宮義胤

没年:明治38.8.14(1905)
生年:天保14.12.24(1844.2.12)
幕末の勤王志士。近江国滋賀郡真野浜村(大津市)の真宗正源寺の住職三上円海の長男。嘉永5(1852)年得度,まもなく寺を出て上京し,勤王の志士と交流。岩倉具視に協力して王政復古に尽力した。慶応3(1867)年高野山の挙兵に参加,次いで戊辰戦争に従軍して各地に転戦,明治2(1869)年賞典禄50石を下付された。その後兵部省に勤務,翌3年東伏見宮彰仁親王の英国留学に随行する。10年外務省に移り駐ドイツ日本公使館に勤務。13年に帰国した。16年宮内省に転じ,外事課長・調度局長・主殿頭などを歴任,28年式部長に進み,翌29年功により男爵を授けられた。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宮義胤の関連キーワード豊田美稲横田順宣柳東真野大友黒主真野の入江滋賀浦志賀の大曲池田幸佐久命

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone