コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宮義胤 さんのみや よしたね

美術人名辞典の解説

三宮義胤

勤王家、官史。近江国真野村の人。三宮内海の長男。外務省・宮内省少宮

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宮義胤 さんのみや-よしたね

1844*-1905 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
天保(てんぽう)14年12月24日生まれ。三上兵部の変名で,岩倉具視(ともみ)の王政復古運動をたすける。維新後は官吏となり,明治3年東伏見宮嘉彰親王のイギリス留学に随行。10年からドイツ公使館に勤務,帰国後,宮内省式部長などをつとめた。明治38年8月14日死去。63歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三宮義胤

没年:明治38.8.14(1905)
生年:天保14.12.24(1844.2.12)
幕末の勤王志士。近江国滋賀郡真野浜村(大津市)の真宗正源寺の住職三上円海の長男。嘉永5(1852)年得度,まもなく寺を出て上京し,勤王の志士と交流。岩倉具視に協力して王政復古に尽力した。慶応3(1867)年高野山挙兵に参加,次いで戊辰戦争に従軍して各地に転戦,明治2(1869)年賞典禄50石を下付された。その後兵部省に勤務,翌3年東伏見宮彰仁親王の英国留学に随行する。10年外務省に移り駐ドイツ日本公使館に勤務。13年に帰国した。16年宮内省に転じ,外事課長・調度局長・主殿頭などを歴任,28年式部長に進み,翌29年功により男爵を授けられた。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三宮義胤の関連キーワード明治時代運動家尊攘没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android