コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三崎嘯輔 みさき しょうすけ

2件 の用語解説(三崎嘯輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三崎嘯輔 みさき-しょうすけ

1847-1873 幕末-明治時代の化学者。
弘化(こうか)4年5月11日生まれ。越前(えちぜん)福井藩医の子。大鳥圭介に蘭学を,長崎でオランダ人ハラタマに理化学をまなんだ。明治2年大阪の舎密局(セイミきょく)開講により助教となり,教頭ハラタマの講義録「舎密局開講之説」や,ドイツの実験専門書を翻訳。のち大学東校でおしえた。明治6年5月15日死去。27歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三崎嘯輔

没年:明治6.5.15(1873)
生年:弘化4.5.11(1847.6.23)
幕末の洋学者,化学者。福井藩の出身。文久3(1863)年江戸で大鳥圭介に蘭学を学ぶ。慶応1(1865)年長崎にてハラタマに出会い,化学を学び,明治2(1869)年には大阪において舎密局開設とともに,ハラタマを教頭とし,三崎は助教授となる。同年ハラタマ講述,三崎訳『舎密局開講之説』が発表されたが,化学の歴史を説いたものであった。4年には上京して大学東校(東大)の助教授となり,5年天皇東校行幸の折には,ひたたれに,たすきがけの姿で,化学実験と講義とを行ったと伝えられる。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三崎嘯輔の関連キーワード伊藤慎蔵市川兼恭上田帯刀岡部長岡部養竹奥村精一小田又蔵速水頌一郎山岡次郎公認競馬化学者 (official racing chemists)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone