コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三州瓦 サンシュウガワラ

3件 の用語解説(三州瓦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんしゅう‐がわら〔サンシウがはら〕【三州瓦】

三河地方から産出する粘土で焼いた日本瓦。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三州瓦

愛知県東部の旧三河国一帯でつくられる瓦。原料の粘土が浅い地層で採れたことや、船便で積み出しやすかったことで1700年ごろから盛んにつくられるようになった。中心は同県高浜市、碧南市、半田市。三州と石州(島根県)、淡路(兵庫県)が日本3大産地。三州は出荷額で65%を占める。鶴弥の09年3月期決算の売上高は109億円。

(2009-11-15 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

三州瓦

愛知県西三河地方の旧国名三河を意味する「三州」を冠した粘土瓦の事で、日本三大瓦の一つ。古くから日本建築の屋根材として使用されていた。現在では、一般的な瓦の波形から、屋根面をフラットに見せる事のできるフラット型まで、様々な形状の瓦がある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三州瓦の関連キーワード御油長篠松平三河湾美濃三河高原新城三河三州

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三州瓦の関連情報