三幅対(読み)サンプクツイ

  • (通称)

大辞林 第三版の解説

さんぶくついとも
三幅で一組みの掛物。
三つで一組みになるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「さんぶくつい」とも)
① 三幅で一対となっている掛け物。もと、仏画で、中央に本尊、左右に夾侍(きょうじ)菩薩を掛けたのによる。釈迦を本尊とすれば文殊、普賢の二菩薩、彌陀尊とすれば観音、勢至の二菩薩、薬師尊とすれば日光、月光の二菩薩をいう。その他福祿寿の両脇に松竹鶴亀などを配するものもある。三幅一対。
※玉露叢(1674)三二「一、二の丸御殿御飾 御座間、三幅対」
② 三つそろって一組をなすもの。
※評判記・難波立聞昔語(1686)岩井半四郎「昔いとかりし時は岩井半太夫と云し塩や九郎右衛門手入。今年給金百五十両。荒木座の三福対(ブクツイ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三幅対の言及

【掛物】より

…また同種の内容のものを同じ表装で仕立てることによって対幅(ついふく)が生まれる。対幅には双幅(例:柿栗図,竜虎図),三幅対(例:観音,猿,鶴),四幅対(四季山水図),六幅対(屛風絵),八幅対(八景図),十二幅対(十二ヵ月)などがあげられる。なお,これらはいずれも対等の価値にあるが,三幅対の場合のみは三尊仏の影響もあって中がとくに尊重される。…

※「三幅対」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三幅対の関連情報