三平等観(読み)サンビョウドウカン

  • さんびょうどうかん ‥ビャウドウクヮン
  • さんびょうどうかん〔ビヤウドウクワン〕

デジタル大辞泉の解説

密教の観法で、人間の身・口・の三業(さんごう)はの三密にかなって修められ、また、その隠された本性では仏の身・口・意の三業と同じであるから、衆生の三業に仏の三密が加わり即身成仏の悟りとなるというもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。密教で、身・口・意の三密が本来、平等無二である理を行者と本尊および諸仏との、自・他・共の三において平等と観ずることをいい、これにより行者と本尊とが一体になるとする。また、護摩を修するとき、その護摩の理を観ずる内護摩で、本尊と炉壇と行者の三者本来平等と観ずる観法をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android