コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三教論衡 さんきょうろんこうSān jiào lùn héng

世界大百科事典 第2版の解説

さんきょうろんこう【三教論衡 Sān jiào lùn héng】

中国で儒教と仏教と道教の三教の間で争われた教義あるいは儀礼に関する論争のこと。とくに皇帝の目前で,三教の代表者が互いに論難し合う三教論衡は,北周の武帝(在位560‐578)のときに始まり,唐代にうけつがれた。唐代では高祖のとき以来,9帝のもとで挙行されたが,三教調和の指向が強くなるにつれて儀式化した。文宗のとき儒教を代表して参加した白居易は〈三教論衡〉を書き残した。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android