三月法(読み)さんがつほう(英語表記)Märzverfassung; March Laws

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三月法」の解説

三月法
さんがつほう
Märzverfassung; March Laws

四月法とも呼ばれる。 1848年ハンガリー革命の開始当初に制定された一連の自由主義的改革立法。フランスの二月革命,ウィーンの三月革命に触発されて,当時ポジョニー (現スロバキアのブラチスラバ) で開会中のハンガリー国会下院は,コシュート提唱により,オーストリアの専制的体制に対する民族主義的自由主義的な一連の改革法案を審議,民衆行動による圧力も加え,上院貴族の反発を退けて,通過させた。そのおもな内容は,言論,信仰の自由の保障,教育の民主化,陪審制の採用,議会の毎年開会,封建的諸特権の有償廃止,トランシルバニア併合などであった。問題をはらんでいたのは,財産資格制限によって地主階級の手に政治指導をゆだねようとする選挙法と,マジャール中心主義による国内異民族の無視であった。同年4月 11日神聖ローマ皇帝フェルディナント1世も,この改革法をやむなく承認したが,国内異民族の反対を利用してまもなく反革命的干渉を開始した。革命派は王政廃止,諸民族対等などの改革を徹底させたものの,49年9月反革命側に制圧された。革命の敗北後,改革法は無効とされたが,67年の「アウスグライヒ (和協) 」後,その理念のいくつかが日の目を見た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android