三毒(読み)サンドク

大辞林 第三版の解説

人の心を毒する三つの根本的な煩悩ぼんのう。貪欲とんよく・瞋恚しんい・愚痴。貪瞋痴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 語。(とんよく)・瞋恚(しんに)・愚痴(ぐち)の三つの煩悩。むさぼること、怒ること、理非のわからないことの三つ。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「心過悪者、謂三毒四倒」 〔大智度論‐三一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三毒の言及

【煩悩】より

…(2)貪,瞋,痴,慢,疑,悪見の6種の根本煩悩と,忿(ふん),恨,覆,悩,嫉(しつ),慳(けん),誑(おう),諂(てん),憍(きよう),害,無慚(むざん),無愧(むき),惛沈(こんじん),掉挙(じようこ),不信,懈怠(けだい),放逸,失念,散乱,不正知(ふしようち)の20種の随煩悩。このうち貪(むさぼり),瞋(いかり),痴(無知)の三つは三毒といわれ,われわれの心を汚し毒する三大煩悩である。また,煩悩のゆえに業が展開し,煩悩と業とが原因となって生(苦的生存)が結果するという生死輪廻の因果を仏教は主張する。…

※「三毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三毒の関連情報