コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦弘夫 みうら ひろお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦弘夫 みうら-ひろお

1832-1913 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)3年生まれ。鬼島広蔭(きじま-ひろかげ)の門人。維新のころ大久保一翁のもとで歌書を講じた。明治16年静岡県の神部(かんべ)・浅間(せんげん)・大歳御祖(おおとしみおや)神社の宮司となり,3社の国幣小社昇格に尽力した。大正2年11月死去。82歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は高村。号は静篁舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三浦弘夫の関連キーワード国学者