コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三通政策 さんつうせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三通政策
さんつうせいさく

1979年から中国が台湾に呼びかけている政策で,大陸と台湾の間に郵政および航路と貿易の開通 (中国語では通郵,通航,通商) をさす。台湾の国民党は,1980年代の後半から第三地 (おもにホンコン) を経由して,両岸の経済貿易,文化,学術および教育の交流を容認し拡大してきたが,現時点では,大陸が対台湾武力行使を放棄しないかぎり三不政策を実行し,三通には応じられないと主張している。しかし,経済交流の急速な発展によって台湾の三不政策は一層の圧力を受けており,三通が実現する可能性も出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三通政策の関連キーワード中国国民党中台関係

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android