コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三不政策 さんふせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三不政策
さんふせいさく

1980年代から呼びかけられてきた中国の統一交渉や台湾海峡両岸の直接的な交流に対する台湾の政策。中国が武力行使を放棄しないかぎり,台湾は「交渉しない,談判しない,妥協しない」 (中国語で,不交渉,不談判,不妥協という) の方針を堅持するというもの。しかし 80年代後半以降,台湾と大陸の経済貿易交流や人的往来の拡大によって,大陸は「海峡両岸関係協会」 (会長・汪道涵) ,台湾は「台湾海外基金会」 (会長・辜振甫) の半官半民の機構を設け,双方にかかわる問題の処理を始め,1990年5月には台湾の李登輝総統がその就任演説で,中国政府に対政府間交渉を呼びかけたことによって,この政策は実質的に放棄された。ただし李登輝の提案には,中国が,(1) 共産党一党独裁を廃止し民主政治,自由経済制度を採用する,(2) 台湾への武力行使を放棄する,(3) 台湾の実務外交を妨害しない,という新3条件がついており,それが三不政策に取って代った。その後両国の交流は活発化し,93年4月にはシンガポールで中台両国による台湾海峡両岸会談が実現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三不政策の関連キーワード中台経済交流中国国民党一つの中国特別行政区三通政策国共合作中台関係

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android