三郡‐山口帯(読み)さんぐんやまぐちたい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三郡‐山口帯
さんぐんやまぐちたい

日本の地体構造区分上、「西南日本」の区分名の一つで、飛騨(ひだ)帯と領家(りょうけ)帯の間の地帯を占める。秩父(ちちぶ)地向斜の主部を占めるとされたが、異なる時期の付加堆積(たいせき)物などが識別されたため、現在では、秋吉帯、三郡帯、美濃(みの)‐丹波(たんば)帯などと分けて使われ、「三郡‐山口帯」という用語は使われなくなった。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三郡‐山口帯の言及

【三郡変成帯】より

…西南日本内帯の主要構造単元の一つで,飛驒変成帯の南側に位置する。北九州(模式地は福岡県三郡山付近)~西中国では,三郡変成帯は南北2帯に分かれ,その中間にレンズ状の非変成~弱変成の古生層帯が発達しており,これらを一括して,三郡‐山口帯あるいは三郡‐中国帯とよぶこともある。三郡変成帯の東縁は舞鶴構造帯により切られるが,飛驒外縁帯および上越変成帯の変成岩もその延長とみられている。…

※「三郡‐山口帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android