三門跡(読み)さんもんぜき

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐もんぜき【三門跡】

天台宗の山門派と寺門派とにおける三つの門跡。山門では、円融院(梶井)・青蓮院・妙法院、寺門では、円満院・聖護院・実相院をいう。三門。
※太平記(14C後)三〇「三門跡(さんもんゼキ)の貫首〈略〉寺社の別当神主に至るまで、我先にと馳せ参りける間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android