コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実相院 ジッソウイン

5件 の用語解説(実相院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっそう‐いん〔ジツサウヰン〕【実相院】

京都市左京区にある単立の寺。もと天台宗寺門派の門跡寺院。開創は寛喜元年(1229)。開基は、鷹司兼基の子静基僧正。紙本墨書仮名文字遣(重文)のほか、多数の古記録・文書を所蔵。実相院門跡。岩倉門跡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

実相院

佐賀県佐賀市にある寺院。1089年創建。宗派は真言宗、本尊は薬師如来

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じっそういん【実相院】

京都市左京区岩倉門前町にある天台宗寺門派の門跡寺院。山号は岩蔵山。本尊は不動明王。岩倉門跡ともいう。寺伝によれば,鎌倉初期の1229年(寛喜1)静基僧正が開創したと伝え,はじめ摂家出身の僧,江戸中期から法親王が門跡を相承した。応仁の乱のころ,洛中から,同じ寺門派の大雲寺の南隣にあたる洛北岩倉の現寺地に移った。中世末の兵乱で,大雲寺とともに荒廃したが,江戸初期の寛永年間(1624‐44),仏教への崇信あつかった後水尾天皇の保護のもと,大雲寺とともに寺観を整備した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じっそういん【実相院】

京都市左京区岩倉にある天台宗の寺。1229年鷹司静基が円珍を開祖として草創。のちに門跡寺となる。岩倉門跡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実相院
じっそういん

京都市左京区岩倉上蔵(いわくらあぐら)町にある単立寺院。もとは天台宗寺門派大本山。山号は岩倉山。岩倉門跡(もんぜき)、実相院門跡と称する。本尊は不動明王。近畿三十六不動尊第16番霊場。1229年(寛喜1)鷹司兼基(たかつかさかねもと)の子静基(せいき)僧正により紫野に創建、その後、今出川(いまでがわ)通小川(上京区実相院町)を経て、1411年(応永18)12世義運僧正(足利義満(あしかがよしみつ)の弟)のとき大雲寺境内(現在地)へ移転した。皇族、摂家、武門からの入寺が多く、現在の本堂、四脚門は1720年(享保5)20世義周法親王のとき東山(ひがしやま)天皇中宮承秋門院の旧殿を移建したもの。鎌倉時代の本尊のほか、寺宝に後陽成(ごようぜい)天皇宸翰(しんかん)紙本墨書仮名文字遣(かなもじづかい)(国重要文化財)、狩野(かのう)派の襖絵(ふすまえ)、古文書類がある。境内には「回遊式庭園」「一仏八僧の庭」の名園がある。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実相院の関連キーワード岩倉余慶来迎院黒谷山門派鹿ヶ谷執綱寺門派真如堂岡崎動物園

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実相院の関連情報