実相院(読み)じっそういん

日本大百科全書(ニッポニカ)「実相院」の解説

実相院
じっそういん

京都市左京区岩倉上蔵(いわくらあぐら)町にある単立寺院。もとは天台宗寺門派大本山。山号は岩倉山。岩倉門跡(もんぜき)、実相院門跡と称する。本尊は不動明王。近畿三十六不動尊第16番霊場。1229年(寛喜1)鷹司兼基(たかつかさかねもと)の子静基(せいき)僧正により紫野に創建、その後、今出川(いまでがわ)通小川(上京区実相院町)を経て、1411年(応永18)12世義運僧正(足利義満(あしかがよしみつ)の弟)のとき大雲寺境内(現在地)へ移転した。皇族、摂家、武門からの入寺が多く、現在の本堂、四脚門は1720年(享保5)20世義周法親王のとき東山(ひがしやま)天皇中宮承秋門院の旧殿を移建したもの。鎌倉時代の本尊のほか、寺宝に後陽成(ごようぜい)天皇宸翰(しんかん)紙本墨書仮名文字遣(かなもじづかい)(国重要文化財)、狩野(かのう)派の襖絵(ふすまえ)、古文書類がある。境内には「回遊式庭園」「一仏八僧の庭」の名園がある。

[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「実相院」の解説

じっそう‐いん ジッサウヰン【実相院】

京都市左京区岩倉上蔵(あぐら)町にある単立寺院。もと天台宗寺門派の門跡寺院。山号は岩倉山。寛喜元年(一二二九)鷹司静基が円珍(智証大師)を第一祖として開基。のちに門跡に列せられて以来、親王、摂家の子弟が入山した。岩倉門跡。実相院門跡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「実相院」の解説

じっそういん【実相院】

京都市左京区岩倉門前町にある天台宗寺門派の門跡寺院。山号は岩蔵山。本尊は不動明王。岩倉門跡ともいう。寺伝によれば,鎌倉初期の1229年(寛喜1)静基僧正が開創したと伝え,はじめ摂家出身の僧,江戸中期から法親王が門跡を相承した。応仁の乱のころ,洛中から,同じ寺門派の大雲寺の南隣にあたる洛北岩倉の現寺地に移った。中世末の兵乱で,大雲寺とともに荒廃したが,江戸初期の寛永年間(1624‐44),仏教への崇信あつかった後水尾天皇の保護のもと,大雲寺とともに寺観を整備した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android