コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鷹市 みたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三鷹〔市〕
みたか

東京都中央部,武蔵野台地上にある市。 1950年市制。江戸時代は原野で,将軍家の御鷹場として利用されていたのが地名の由来。江戸時代初期玉川上水が開削され,また明暦の大火で罹災した江戸神田連雀町 (現須田町) の住民が移転して新田を開発した。現在の上連雀,下連雀の地名はその名残りである。大正末期から住宅が増え,1930年中央線三鷹駅が開設された。第2次世界大戦中に進出した航空機製造工場を基盤にした工業もみられる。大規模な住宅団地,民間の宅地造成が活発に行われ,人口が増加した。国立天文台,都立井の頭恩賜公園などがある。 JR中央線,京王電鉄井の頭線が通る。面積 16.42km2。人口 18万6936(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みたか‐し【三鷹市】

三鷹

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

三鷹市の関連キーワードトウキョウ・モーツァルトプレイヤーズ国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館中近東文化センター附属博物館基礎生物学研究所(基生研)三鷹市芸術文化センター三鷹市山本有三記念館三鷹の森ジブリ美術館ここはカナダじゃない三鷹市美術ギャラリー東京都三鷹市深大寺東京都三鷹市上連雀東京都三鷹市下連雀東京都三鷹市井の頭中近東文化センター基礎生物学研究所法政大学高等学校ルーテル学院大学東京都三鷹市大沢東京都三鷹市野崎東京都三鷹市牟礼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三鷹市の関連情報